爆笑問題の田中さんの記事をみて思ったこと

脳梗塞で入院していた爆笑問題の田中さんが退院という記事を見ました。
なにはともあれ大事にいたらずによかったですね。
じつはわたしの父親も脳梗塞をやらかしています。
右手がほとんど動かないなどといった後遺症が残りましたが、15年以上たった今でも生活できています。
田中さんのニュースは他人ごとではないと感じました。
突然死もあるみたいですが、後遺症が残るのも割と最悪です。
わたしは一人暮らしなので、脳梗塞を起こして突然死となると孤独死確定です。
そんな状態になりたくはないので、日々の健康には気を付けてきたつもりです。
今回の田中さんの記事をみて、より一層注意しないといけないなと感じました。
脳梗塞というのは血の塊などが血管につまって引き起こされます。
血管が詰まるのは血液がドロドロの証拠です。
血液は食べ物から作られるので、日ごろの食生活に注意することが脳梗塞対策のカギになると思っています。
当然、食生活以外にも適度な運動、良質な睡眠というのも重要な要素ではありますが。
わたしが良い食生活の基準として考えているのは便通です。
体の中に老廃物が滞ってしまうと、やがて毒素が全身に回ってしまうと考えるからです。
慢性的な肩こりとか、全身の倦怠感というのは体のなかの老廃物が原因なんじゃないでしょうか。
このような状態では当然血液の状態もよくないでしょう。
そして最後には脳梗塞につながってしまうケースもあるのではないかと考えているわけです。
便通をよくするためにはやっぱり食物繊維を意識することです。
野菜をたくさん食べるのがいいのですが、実際に毎日たくさんの野菜を食べ続けるのはなかなか難しいものです。
そういう場合は、生活の中に青汁をとりいれてみるのも1つの方法です。
でも、青汁はあの葉っぱ独特の青臭さがきついですよね。
体にいいのは重々承知していても、なかなか手が出せないという人も多いのではないでしょうか。
そんな場合におすすめなのが、マイケアのふるさと青汁です。
ふるさと青汁がおすすめな理由は、ずばい飲みやすさにあります。
緑茶のような抹茶のような、スッキリとした味わいです。
だから、毎日お茶感覚で飲みながら、青汁の栄養を丸ごと取り込むことができます。
気になるお値段は30包入りで3800円。
ところがこのふるさと青汁、店頭販売は一切されていないんです。
ふるさと青汁 店頭
通販でしか手に入りません。
現在、キャンペーンが実施されているので、ふるさと青汁を購入するならキャンペーン専用サイトから購入するのが一番お得です。
いつも体の中をスッキリさせておけば、脳梗塞はおろか、そのほかの病気もよせつけない体になれると思うんですよね。